Archive for 12月, 2019

フェイクファーとリアルファーの違いについて

12月 25th, 2019 | Posted by admin | No Comments
最近ではあらゆるファッションアイテムにファーが使われ、そのボリューム感や見た目の愛らしさで人気がありますが、ファーにはリアルファーとフェイクファーがあり、その2種類はそれぞれどんな特徴を持っているかご存知ですか? リアルファーはフォックス、ラビット、ラクーンなど、実際の動物の毛皮を使っていて、本物の毛皮ならではの豊かな風合いがあり、その分フェイクファーに比べると高価なものが多いです。 毛皮は短くて柔らかく、保温性に優れた綿毛と、綿毛より固く、艶があって耐水性に優れた刺し毛でできています。 ふわふわで高級感のあるリアルファーですが、熱に弱く、虫害やカビ、日光による劣化や変色など、デリケートな素材でもあります。 一方フェイクファーは、タオル地やベロアなどと構造は似ていて、切り開いたループパイルを起毛し、本物の動物の毛並みのように加工するのです。 熱や水分に弱いというデメリットがあるものの、アクリルやアクリル系の素材が使われているので、リアルファーに比べて耐久性に優れ、手入れが簡単です。 また、発色性にも優れているので、天然毛皮にない柄や色を作り出すことも可能です。 ランウェイチャンネル

フェイクファーとリアルファーの違いについて

12月 25th, 2019 | Posted by admin | No Comments
最近ではあらゆるファッションアイテムにファーが使われ、そのボリューム感や見た目の愛らしさで人気がありますが、ファーにはリアルファーとフェイクファーがあり、その2種類はそれぞれどんな特徴を持っているかご存知ですか? リアルファーはフォックス、ラビット、ラクーンなど、実際の動物の毛皮を使っていて、本物の毛皮ならではの豊かな風合いがあり、その分フェイクファーに比べると高価なものが多いです。 毛皮は短くて柔らかく、保温性に優れた綿毛と、綿毛より固く、艶があって耐水性に優れた刺し毛でできています。 ふわふわで高級感のあるリアルファーですが、熱に弱く、虫害やカビ、日光による劣化や変色など、デリケートな素材でもあります。 一方フェイクファーは、タオル地やベロアなどと構造は似ていて、切り開いたループパイルを起毛し、本物の動物の毛並みのように加工するのです。 熱や水分に弱いというデメリットがあるものの、アクリルやアクリル系の素材が使われているので、リアルファーに比べて耐久性に優れ、手入れが簡単です。 また、発色性にも優れているので、天然毛皮にない柄や色を作り出すことも可能です。 ランウェイチャンネル

不動産投資における国内と海外の違い

12月 12th, 2019 | Posted by admin | No Comments
不動産投資について調べると「国内不動産は少子化が進んでいて空室になってしまう」「海外は初心者には難しいらしい」など様々な情報があります。どちらがよりよい選択肢なのでしょうか?お互いのメリット・デメリットを把握し、自分の投資スタイルに合った選択をしましょう。 不動産投資の選択肢として国内と海外がありますが、一番大きな違いはリターン(収入)の部分です。 国内不動産はインカムゲイン投資という家賃収入を目的にしていることに対して 海外不動産はキャピタルゲイン投資という元の購入価格からの価値上昇を目的としています。 以上を念頭にお互いのメリット・デメリットを確認してみましょう。 国内不動産の場合 メリット ・主な収入源が家賃収入のため返済計画が立てやすい ・銀行から低金利で融資を受けられる ・サポートや情報が豊富 デメリット ・今後の少子化により空室になる可能性がより高くなる ・定期的なメンテナンスが必要 ・不動産の値上がりはほぼ期待できない 海外不動産の場合 メリット ・将来的な需要上昇により不動産の価値が大きく上がる可能性が高い ・海外は法律によって借主より管理者の権力の方が大きい ・節税効果が国内不動産よりも高い デメリット ・ほとんど融資を受けられない(一部の銀行で取り扱っているが金利が高い) ・リセール市場が整っていないため、売却が難しい ・現地の税制改正や為替の影響を受ける まとめ 国内不動産は返済計画の立てやすさや融資の受けやすさから一般のサラリーマンでも投資を行いやすく、 海外不動産は将来の期待値や融資の受けづらさにより元手が必要なことによりどちらかというと富裕層向けとなっています。 それぞれに明確な違いがあります。自身の状況や収入に合った最良の投資を行いましょう。 海外不動産情報サイト FORELAND

不動産投資における国内と海外の違い

12月 12th, 2019 | Posted by admin | No Comments
不動産投資について調べると「国内不動産は少子化が進んでいて空室になってしまう」「海外は初心者には難しいらしい」など様々な情報があります。どちらがよりよい選択肢なのでしょうか?お互いのメリット・デメリットを把握し、自分の投資スタイルに合った選択をしましょう。 不動産投資の選択肢として国内と海外がありますが、一番大きな違いはリターン(収入)の部分です。 国内不動産はインカムゲイン投資という家賃収入を目的にしていることに対して 海外不動産はキャピタルゲイン投資という元の購入価格からの価値上昇を目的としています。 以上を念頭にお互いのメリット・デメリットを確認してみましょう。 国内不動産の場合 メリット ・主な収入源が家賃収入のため返済計画が立てやすい ・銀行から低金利で融資を受けられる ・サポートや情報が豊富 デメリット ・今後の少子化により空室になる可能性がより高くなる ・定期的なメンテナンスが必要 ・不動産の値上がりはほぼ期待できない 海外不動産の場合 メリット ・将来的な需要上昇により不動産の価値が大きく上がる可能性が高い ・海外は法律によって借主より管理者の権力の方が大きい ・節税効果が国内不動産よりも高い デメリット ・ほとんど融資を受けられない(一部の銀行で取り扱っているが金利が高い) ・リセール市場が整っていないため、売却が難しい ・現地の税制改正や為替の影響を受ける まとめ 国内不動産は返済計画の立てやすさや融資の受けやすさから一般のサラリーマンでも投資を行いやすく、 海外不動産は将来の期待値や融資の受けづらさにより元手が必要なことによりどちらかというと富裕層向けとなっています。 それぞれに明確な違いがあります。自身の状況や収入に合った最良の投資を行いましょう。 海外不動産情報サイト FORELAND