フェイクファーとリアルファーの違いについて

最近ではあらゆるファッションアイテムにファーが使われ、そのボリューム感や見た目の愛らしさで人気がありますが、ファーにはリアルファーとフェイクファーがあり、その2種類はそれぞれどんな特徴を持っているかご存知ですか?

リアルファーはフォックス、ラビット、ラクーンなど、実際の動物の毛皮を使っていて、本物の毛皮ならではの豊かな風合いがあり、その分フェイクファーに比べると高価なものが多いです。

毛皮は短くて柔らかく、保温性に優れた綿毛と、綿毛より固く、艶があって耐水性に優れた刺し毛でできています。

ふわふわで高級感のあるリアルファーですが、熱に弱く、虫害やカビ、日光による劣化や変色など、デリケートな素材でもあります。

一方フェイクファーは、タオル地やベロアなどと構造は似ていて、切り開いたループパイルを起毛し、本物の動物の毛並みのように加工するのです。

熱や水分に弱いというデメリットがあるものの、アクリルやアクリル系の素材が使われているので、リアルファーに比べて耐久性に優れ、手入れが簡単です。

また、発色性にも優れているので、天然毛皮にない柄や色を作り出すことも可能です。

ランウェイチャンネル

Posted in : ショッピング

Leave a Reply