Archive for the ‘不動産一般’ Category

賃貸契約における原状回復について

1月 15th, 2020 | Posted by admin | No Comments
賃貸契約においては原状回復という言葉がよく使われます。「現状」ではなく「原状」という漢字で、弁護士などは「ハラジョウ」と呼ぶこともあります。では原状回復とはいったいどういう意味を持つ言葉なのでしょうか?原状回復について考えてみましょう。 賃貸住宅において退出する際に、広い意味で入居した時の状況に戻すことを原状回復と呼んでいます。 長年住んでいると、畳やフローリング、障子やふすまなどは色あせや汚れが生じ、傷や破れも発生します。また柱には押しピンの跡も残ります。仮に新築で入居した場合、新築同様の状態に戻すことはそもそも不可能です。賃借人は敷金を人質という形で家主に預けています。これから原状回復に要した費用を差し引き返還されますが、どの程度の原状回復をする必要があるのかは以前から数多くのトラブルを招き、裁判にもなってきました。 そこで1998年に国土交通省が「原状回復を巡るトラブルとガイドライン」を公表しました。これにより原状回復の定義が鮮明になってきました。 それによると原状回復は賃借人の故意または過失、善管注意義務違反、その他通常の使用ではあり得ない損耗などを回復することとなっています。例えば「タバコで穴をあけた畳」とか、「不注意で壊してしまった給湯器」などが対象になります。決して入居時と同様の状態に戻すことではなく、経年劣化で生じた損耗は問われません。柱の押しピンの跡も、常識的な範囲内での数であれば問題ありません。 昔は家主の立場が上で、借りる側は弱者という位置付けでした。しかし借りる側も決して家主の言われるがままになる必要はないということです。 家賃保証のフォーシーズ

不動産投資における国内と海外の違い

12月 12th, 2019 | Posted by admin | No Comments
不動産投資について調べると「国内不動産は少子化が進んでいて空室になってしまう」「海外は初心者には難しいらしい」など様々な情報があります。どちらがよりよい選択肢なのでしょうか?お互いのメリット・デメリットを把握し、自分の投資スタイルに合った選択をしましょう。 不動産投資の選択肢として国内と海外がありますが、一番大きな違いはリターン(収入)の部分です。 国内不動産はインカムゲイン投資という家賃収入を目的にしていることに対して 海外不動産はキャピタルゲイン投資という元の購入価格からの価値上昇を目的としています。 以上を念頭にお互いのメリット・デメリットを確認してみましょう。 国内不動産の場合 メリット ・主な収入源が家賃収入のため返済計画が立てやすい ・銀行から低金利で融資を受けられる ・サポートや情報が豊富 デメリット ・今後の少子化により空室になる可能性がより高くなる ・定期的なメンテナンスが必要 ・不動産の値上がりはほぼ期待できない 海外不動産の場合 メリット ・将来的な需要上昇により不動産の価値が大きく上がる可能性が高い ・海外は法律によって借主より管理者の権力の方が大きい ・節税効果が国内不動産よりも高い デメリット ・ほとんど融資を受けられない(一部の銀行で取り扱っているが金利が高い) ・リセール市場が整っていないため、売却が難しい ・現地の税制改正や為替の影響を受ける まとめ 国内不動産は返済計画の立てやすさや融資の受けやすさから一般のサラリーマンでも投資を行いやすく、 海外不動産は将来の期待値や融資の受けづらさにより元手が必要なことによりどちらかというと富裕層向けとなっています。 それぞれに明確な違いがあります。自身の状況や収入に合った最良の投資を行いましょう。 海外不動産情報サイト FORELAND

不動産投資における国内と海外の違い

12月 12th, 2019 | Posted by admin | No Comments
不動産投資について調べると「国内不動産は少子化が進んでいて空室になってしまう」「海外は初心者には難しいらしい」など様々な情報があります。どちらがよりよい選択肢なのでしょうか?お互いのメリット・デメリットを把握し、自分の投資スタイルに合った選択をしましょう。 不動産投資の選択肢として国内と海外がありますが、一番大きな違いはリターン(収入)の部分です。 国内不動産はインカムゲイン投資という家賃収入を目的にしていることに対して 海外不動産はキャピタルゲイン投資という元の購入価格からの価値上昇を目的としています。 以上を念頭にお互いのメリット・デメリットを確認してみましょう。 国内不動産の場合 メリット ・主な収入源が家賃収入のため返済計画が立てやすい ・銀行から低金利で融資を受けられる ・サポートや情報が豊富 デメリット ・今後の少子化により空室になる可能性がより高くなる ・定期的なメンテナンスが必要 ・不動産の値上がりはほぼ期待できない 海外不動産の場合 メリット ・将来的な需要上昇により不動産の価値が大きく上がる可能性が高い ・海外は法律によって借主より管理者の権力の方が大きい ・節税効果が国内不動産よりも高い デメリット ・ほとんど融資を受けられない(一部の銀行で取り扱っているが金利が高い) ・リセール市場が整っていないため、売却が難しい ・現地の税制改正や為替の影響を受ける まとめ 国内不動産は返済計画の立てやすさや融資の受けやすさから一般のサラリーマンでも投資を行いやすく、 海外不動産は将来の期待値や融資の受けづらさにより元手が必要なことによりどちらかというと富裕層向けとなっています。 それぞれに明確な違いがあります。自身の状況や収入に合った最良の投資を行いましょう。 海外不動産情報サイト FORELAND